あなたそういったじゃない。

今日は、あまり話したくない話題だけど、重要な話ですよ。

人は誰でも、トラブルに巻き込まれるもの。

テレビショッピングが大好きな私は、先日も、あるダイエット器具(振動ぶるぶるのあれ。)がどうしても欲しくなって、番組見てすぐ電話。

「商品番号**の**を1つお願いします。」

すると、電話の向こうのオペレーターが、

「**を1つですね。」って復唱したの。

「そうです。」

と言って、電話を切り、商品が届くのをわくわくしながら待ちました。

2日後、

「宅急便です。**をお届けにあがりました。」

「はーーい、今開けます。」

「**2個で**円になります。」

「ざけんなよーーー。」(心の叫び)

「2個じゃなくて1個ですけど。」

「私は配達に来ただけですから・・」

そうね、宅急便屋さんは配達するだけだから。

「でも、注文と違うので、受け取りません。持ち帰って下さい。明日、その会社に電話しますから。」

宅急便屋さんは、怪訝そうな顔をして帰っていきました。

翌日、お客様センターに電話。

事情を話すと、調べて折り返すとの返事。

その日の夜、このような返事。

「担当のものに確認しましたが、お客様の注文は2個と言ってました。」

と平然と言われました。

「再度、配達しますから代金をお払い下さい。」

って言われた瞬間、私の頭のゴングが鳴りました。

1R。

「私は1個しか頼んでいませんけど。」

ジャブを放ちました。

「いえ、確かに2個の注文を承っています。」

相手のジャブが返ってきました。

「でも、普通2個も頼まないんじゃないですか。」

右ストレートを放ちました。

「ええ、でも、電話で、主人のと併せて2個ですと伺っているとのことです。」

って、幻の右クロスカウンター放たれました。

私は、がくっと膝をつきました。

薄れる記憶の中で、レフリーがカウントを数えます。

「1、2、3・・・・8」

私は意識朦朧とした中、立ち上がりました。必死でファイティングポーズをとります。

「ファイト!!」

そこで1R終了のゴングがなりました。

もっと簡単に済ませるつもりが、スイッチ入っちゃいました。

GW中にこの話終わるといいですね。

続きは、明日!!

あっ、応援しない人には、明日の記事は見えなくしますからね。


人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。